アジア・ゲルマニスト会議2019札幌大会

Asiatische Germanistentagung 2019 in Sapporo

  • 日本語ホーム
  • 文化プログラム(ドイツ映画の夕べ)
  • ドイツ語ワークショップ
  • お問い合わせ

 

総合テーマ「多様性における統一 拡散と収束の間のドイツ語ドイツ文学 (Einheit in der Vielfalt? Germanistik zwischen Divergenz und Konvergenz)

開催期間2019826(月)- 29(木)

会場北海学園大学(豊平キャンパス)

主催者日本独文学会

協力北海学園大学

公的助成:独立行政法人日本学術振興会 (JSPS科研費 JP18HP0701),ドイツ学術交流会 (Deutscher Akademischer Austauschdienst = DAAD),東京ドイツ文化センター(Goethe-Institut Tokyo

 

開催の趣旨

「アジア・ゲルマニスト会議」は、ドイツと東アジアのドイツ語学・文学・文化の研究者の学術交流の場として、1991年以来ほぼ3年ごとに日本・中国・韓国で順次開催されてきました。これまでの開催地と総合テーマは次の通りです。

 

1991(ベルリン)「アジアの視点でみたドイツの文学・言語」

1994(北京)「国際ドイツ語教員連盟アジア大会」

1997(ソウル)「マルチ・メディア時代のドイツ文学研究」

1999(福岡)「閾(しきい)を超えて」

2002(北京)「新たな世紀・新たな挑戦」

2006(ソウル)「文化の学としてのドイツ文学研究」

2008(金沢)「越境・往来する文化」

2012(北京)「間言語性・間文化性・学際性」

2016(ソウル)「変化の時代のドイツ語・ドイツ文学」

 

今回の札幌大会では、「多様性における統一?」を総合テーマに、日本、韓国、中国をはじめとするアジア各国、ドイツ・オーストリア・スイスのドイツ語圏、他のヨーロッパ諸国、オーストラリアなど太平洋圏の諸国から、約250名の参加者を得て、文化のダイナミズムとこれからのドイツ研究の可能性を多様な視点から討議します。

 

〈アジアでドイツ語・ドイツ文学研究〉

アジアにおけるドイツ語・ドイツ文学・文化研究は、長い歴史をもっています。幕末の開国以来、日本の学術・文化の近代化においてドイツ語・ドイツ文学研究が大きな役割を果たしたことはいうまでもありませんが、韓国、そして最近の中国でも、近代化のなかでドイツの学術・文化の研究は重要な意味を担っています。そのような意味で、東アジアは、地理的な遠さと文化的な異質性にもかかわらず、ヨーロッパ以外ではドイツ語・ドイツ文化の最大の受容者であったということができるでしょう。こうした共通の背景を踏まえて、ドイツ語をチャンネルとした活発な学術・文化交流がアジアで実際に行われていることが、今回のアジア・ゲルマニスト会議では明らかになるはずです。自国語によるものでもなく、英語によるものでもない、あたらしい交流の興味深いひとつのかたちが、ここに見られるでしょう。ドイツと日本・アジアとの交流の歴史にあらたな一頁を刻む、またとない機会にできればと考えています。(討議はドイツ語で行われます)。

 

〈文化プログラム〉

会議と平行して、ドイツ文化センターの全面的支援により、文化プログラム「ドイツ映画の夕べ」が開催されます。文化プログラムは一般の方にも公開されます。詳しくはこちら(文化プログラムへのリンク)をご覧ください。

 

〈お問い合わせ〉

 

お問い合わせは、メールフォームでお願いいたします。

 

 


文化プログラム(ドイツ映画の夕べ)

文化プログラムとして「ドイツ映画の夕べ」を開催します。

 

日時:2018828日(水)

場所:未定(札幌市内会場)

内容:ドイツ映画上映+トークセッション

(事情により変更することがあります)

 

詳細については追ってこのページでお知らせします。

 

この催しは東京ドイツ文化センター(Goethe-Institut Tokyo)との共催で行われます。


ドイツ語ワークショップ

青少年向け「ドイツ語ワークショップ」

 

東京ドイツ文化センター(ゲーテ・インスティトゥート東京)の全面的な協力を得て、ドイツ語を楽しむ「ドイツ語ワークショップ」を2019827日(火)午後に開催します。詳細については、追ってこのページでお知らせします。


お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です